フェアリージャパン、五輪へ構成難度UP 山崎強化本部長「かなり難しくなっている」

[ 2019年12月17日 05:30 ]

オフィシャルパートナーの化粧品大手ポーラ本社を訪問した杉本早(右から3人目)ら新体操団体の日本代表
Photo By 共同

 新体操の世界選手権で団体総合銀メダル、種目別ボールで金メダルを獲得した日本代表「フェアリージャパン」が16日、オフィシャルパートナーとして支援を受ける化粧品メーカー「POLA(ポーラ)」の本社を訪問した。

 既に20年東京五輪に向けて始動しており、山崎浩子強化本部長(59)は「(今季よりも)かなり難しくなっている」とし、さらに高難度な構成にアタック。杉本早裕吏主将(23=トヨタ自動車)は「集中して全体での練習をしっかりやっていきたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月17日のニュース