炎鵬 意識飛ぶも押し切り3連勝「気が付いたら残ってました」

[ 2019年9月11日 05:30 ]

大相撲秋場所3日目 ( 2019年9月10日    両国国技館 )

<秋場所3日目>琴勇輝(左)に押し込まれるも、左腕を引っ張り残し寄り切りで破る炎鵬(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 幕内最小兵の炎鵬が琴勇輝を寄り切り3連勝した。

 途中の攻防で相手の指が目に当たりその衝撃で一瞬意識が飛んだという。「気が付いたら残っていました」と土俵際で相手の右腕をたぐりながら体を入れ替え、まわしを引いて押し切った。

 「勝負どころをしっかりつかめている。そこが勝ちにつながっている」。近視のためコンタクトレンズを使用しているが当たった右目は赤く腫れ「今も見づらいです」と話していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月11日のニュース