栃ノ心 ようやく連敗9で止め笑顔「あ~久しぶり」

[ 2019年9月11日 05:30 ]

大相撲秋場所3日目 ( 2019年9月10日    両国国技館 )

<秋場所3日目>北勝富士(右)を寄り切りで破る栃ノ心(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 栃ノ心は10勝を挙げて大関復帰を決めた夏場所千秋楽からの連敗(不戦を含む)を9で止めた。

 大関としては今年春場所14日目の玉鷲戦以来171日ぶりの白星だ。3度目で成立した立ち合いは北勝富士に攻め込まれたものの、右下手、次いで左上手を取り得意の形で逆襲した。

 支度部屋に戻ると喉を鳴らしてミネラルウオーターのボトルを空にして「あ~、久しぶり。やっと、おいしく飲めた」と笑顔。「これで(流れが)変われば」と、まずカド番脱出を目指す。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月11日のニュース