イングランド エディー監督が都内で講演 リーダー論展開

[ 2019年9月11日 05:30 ]

都内で講演を行ったイングランド代表のエディー・ジョーンズHC(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 イングランド代表のエディー・ジョーンズ監督(前日本代表ヘッドコーチ)が都内で講演しリーダーシップ論を展開した。

 「常に格好良く映りたい」SNS世代には個々の強みを生かす指導を重視し、部下の能力を引き出すためには「ストレス」「休息」をバランス良く与えることが必要と主張。9日に来日したチームは交通の混乱で成田空港到着から都内への移動に8時間かかったと明かし、「選手は今日も明日も休息が必要」と苦笑いした。

 チームはこの日、事前キャンプ地の宮崎入り。「11月2日の決勝に日本が行かなければ、イングランドを応援してほしい」とアピールした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月11日のニュース