瀬古リーダー MGCの注目選手に後輩・大迫の名を挙げる「早稲田の至宝 頑張れよ!」

[ 2019年9月11日 18:57 ]

MGCの注目選手を挙げる瀬古リーダー
Photo By スポニチ

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(63)が11日、母校の早大で行われたイベントに出席。東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(15日号砲)の注目選手について「早稲田の至宝、大迫選手です。大迫頑張れよ!」と後輩にエールを送った。

 レース予想については「ペースメーカーが付かないので展開は全く読めません。全員がガチンコ勝負だし、誰がどこでスパートするかも分からない」と展望した。このほか、男子では前日本記録保持者の設楽悠太(27=ホンダ)、アジア大会金メダルの井上大仁(26=MHPS)、18年福岡国際マラソン優勝の服部勇馬(26=トヨタ自動車)らが優勝争いに絡むと予想。「設楽は大迫と良いライバル関係になっている。大迫と設楽がやる夢のような大会になった。井上も暑さに強いし、服部は後半のスタミナがすごい。このコースだと終盤まで4、5人残るんじゃないかな」と話していた。

 MGC参加選手は男子31人、女子12人の計43人。瀬古リーダーは「日本一小さいマラソン大会ですが、日本一エキサイティングなレースになること間違いなし」と期待を込めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月11日のニュース