ウッズ 脇腹の張り回復も出遅れに不満げ、挽回期す

[ 2019年8月17日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー フェデックス杯プレーオフ第2戦 BMW選手権第1日 ( 2019年8月15日    米イリノイ州 メダイナCC3番C=7613ヤード、パー72 )

BMW選手権第1日 1番でティーショットを放つウッズ。1アンダーで50位
Photo By 共同

 脇腹の張りから前週は第2ラウンド前に棄権した43歳のウッズは「痛みはなくなった」と回復。だが4バーディー、3ボギーの内容に「思ったショットも打てずパットも決められなかった」と不満げだった。4番は1メートル半を外し9番は3パットと、グリーンでつまずいた。昨年は最終戦で5季ぶりのツアー勝利を飾った。現在、シーズン総合ポイント38位のウッズが最終戦に進むには、ツアーによると今大会13位以内が条件。「バーディーをどんどん取って伸ばすしかない」と挽回を期した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月17日のニュース