渋野 ボギーで「カッチーン」の逆襲 68で回り首位と1打差の2位に浮上

[ 2019年8月17日 16:29 ]

女子ゴルフツアー NEC軽井沢72 第2日 ( 2019年8月17日    長野県 軽井沢72G北C=6705ヤード、パー72 )

<NEC軽井沢72 第2日>1番、ティーショットを打つ渋野日向子 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの「NEC軽井沢72」の第2ラウンドが行われ、首位と3打差の7位から出た全英覇者の渋野日向子(20=RSK山陽放送)が7バーディー、3ボギーの68で回り通算9アンダーの首位と1打差の2位に浮上した。

 3アンダーで迎えた16番パー5で、グリーン奥からの第4打をミスしてボギーをたたいた。ここで「カッチーンですよ」とスイッチオン。17番パー3でティーショットをピン右手前1メートル強に寄せて取り返すと、18番パー4でも奥3メートルにつけて連続バーディーで終えた。「16番のパー5でボギーは嫌なので、打った瞬間にあと2つ取るぞって思いました。(スコアを)伸ばせたのでよかった」と笑顔。

 AIG全英女子オープンでのメジャー制覇から帰国後、国内2戦目での勝利へ。1打差を追い、最終日を迎える。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年8月17日のニュース