原英莉花 渋野との最終日最終組に「めちゃ勝ちたいです」

[ 2019年8月17日 19:51 ]

女子ゴルフ NEC軽井沢72第2日 ( 2019年8月17日    長野県北佐久郡軽井沢町 軽井沢72G北C=6705ヤード、パー72 )

<NEC軽井沢72 第2日>18番、共に9アンダーでホールアウトした原英莉花(左)と渋野日向子は健闘を讃え合う (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 渋野と同組で回った黄金世代の原英莉花が68と伸ばし、渋野と並んで1打差の2位で最終日に挑む。最終18番では残り134ヤードの第2打をPWで2メートルにつけバーディーで締めくくった。

 「後半の最後の4ホールで3つ伸ばせたのはもの凄くあしたにつながったいいプレーだったと思います」

 今週、1Wのシャフトをアイアンと同じものに替え「凄くイメージが合っている。アイアンまで自分のイメージ通りに描けるようになりました」と手応えを口にする。

 同学年の身近な存在がメジャーで優勝し発奮材料をもらった。「本当にその結果に対しては凄いと思っています。でも自分も海外に行って戦いたいなと思っているので、戦えるのかなと思いました」と話す。

 渋野と同組で迎える最終日に向け「めちゃ勝ちたいです。“渋野だけじゃないんだぞ”っていう思いもあります。2勝目ももの凄く欲しいですし」と目を輝かせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月17日のニュース