×

渋野日向子 Vでも変わらぬ自然体キャラ “スマイルシンデレラ”に「だってガラスの靴デカいよ?」

[ 2019年8月6日 18:04 ]

<渋野日向子帰国>全英女子オープンから凱旋帰国した渋野日向子は笑顔でポーズを決める(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフのAIG全英女子オープンで日本人2人目となるメジャー優勝。偉業をなしとげた渋野日向子(20=RSK山陽放送)だが、優勝後も自然体なあのキャラクターは変わっていない。優勝翌日のこと。「すごいことをしてしまったんだなってやっと実感が…」と言いながらも“スマイルシンデレラ”という愛称について「いやいやいやいや、だってガラスの靴デカいよ?私、足のサイズ26・5だよ?」。ちなみにその時に履いていたナイキ社製のシューズは男性用もの。それを見せながら「めっちゃでかいでしょ?」と真顔。記者も思わず爆笑してしまった。

 6月のアース・モンダミン・カップ。この大会で渋野は4位(賞金1200万円)に入り、全英への出場を決めた。この時にフライト時間が約13時間かかると知り「座りっぱなし!?腰が…」と絶句。寝られるシートがあることを聞き、「今回稼いだのでファーストクラスでいきます!」と宣言していた。英国入りした渋野にフライトについて尋ねると「ビジネスクラスで来ました」という。ファーストクラスではなかったのか…と思っていたら、「私、ビジネスクラスって存在を知らなかったんですよ。ファーストか、エコノミーだけど思ってて。ビジネスクラスすごい。爆睡でしたっ!」と豪快に笑った。

 日本では渋野の大フィーバーが巻き起こっている。ゴルフの実力に加えて、あの人柄。人気が出るのも納得だ。北海道meijiカップ、NEC軽井沢72と連戦が続く。ハードなスケジュールだが、NEC軽井沢72に出るのには理由がある。「だって軽井沢に行ってみたかったんです。高校時代から憧れていて。軽・井・沢っていう三文字に」。ちなみに、「何があるかは知らんけど」だそうだ。
(記者コラム・中村 文香)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年8月6日のニュース