×

渋野日向子、世界ランク14位に急浮上 日本勢2番手で東京五輪出場圏内に 6日に凱旋

[ 2019年8月6日 08:25 ]

<全英女子オープン一夜明け>ウォバーンの街でトロフィーを手にジャンプする渋野日向子(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフのAIG全英女子オープンで日本勢42年ぶり2人目のメジャー制覇を果たした渋野日向子(20=RSK山陽放送)が5日付最新世界ランキングで前週の46位から14位に急浮上した。

 日本勢では10位の畑岡奈紗に次ぐ2番手。五輪出場は1カ国・地域から原則2人まで。20年6月末の世界ランキングを基にした五輪ランキングで15位以内なら最大4人が出場できる。

 渋野は今回の優勝で米ツアーメンバーになる資格を獲得。だが、参戦の予定はない。「これからも日本で戦います。だって日本が好きだから」。世界をとりこにした笑顔は早速、9日開幕の北海道meijiカップ(札幌国際CC)で見られる。当面の目標は賞金1億円突破と東京五輪出場。6日に凱旋。シンデレラストーリーの続きは日本が舞台となる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年8月6日のニュース