小池、自信の2冠視野「自分が思い描くレースができれば優勝争いができる」

[ 2019年6月27日 05:30 ]

陸上日本選手権を前に記者会見する小池祐貴
Photo By 共同

 200メートルのアジア大会覇者・小池は、先月のセイコーGPで100メートルの自己記録を更新。今、最も勢いに乗る。「求められているのは(200メートルとの)2冠。自分が思い描くレースができれば優勝争いができると思っている」と自信満々に語った。

 15日までの欧州遠征では「止まった状態からの素早い重心移動」に手応えも得た。「主にスタートの局面を修正すれば面白い記録が出ると思う」と予告した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月27日のニュース