炎鵬 新小結・阿炎にライバル心メラメラ「三役に上がって悔しい…早く追い付きたい」

[ 2019年6月27日 17:39 ]

トークショーの後にファンとの握手会を行った炎鵬(左)と新小結・阿炎
Photo By スポニチ

 「人気力士トークショー&握手会」が27日、名古屋市中村区の商業施設「KITTE名古屋」で行われ、新小結の阿炎(25=錣山部屋)と幕内2場所目の平幕・炎鵬(24=宮城野部屋)が参加した。

 2人は同じ1994年生まれで、中学時代から存在を知っていたという。炎鵬が金沢学院大から角界入りしてからは、一緒に食事に行く仲になった。炎鵬は「阿炎関が三役に上がって悔しい。身近な人が三役になったのは励み。早く追い付きたい」とライバル心をのぞかせていた。

 昨年の名古屋場所前のトークショー&握手会には御嶽海と朝乃山が参加し、御嶽海は直後の場所で初優勝を飾り、朝乃山は5月の夏場所を制した。それを司会者から振られた阿炎は「その言葉全てがプレッシャー」と苦笑いしながらも、番付発表の会見と同様に「優勝を目指して頑張ります」と賜杯を見据えていた。炎鵬は「阿炎関と対戦できるように白星を積み重ねて倒したい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月27日のニュース