東洋大・池田向希が1万m競歩連覇 自己記録に遠く及ばず「悔しさ」

[ 2019年5月25日 20:04 ]

陸上 関東学生対校選手権第3日 ( 2019年5月25日    相模原ギオンスタジアム )

 男子1部1万メートル競歩決勝は9月の世界選手権(ドーハ)20キロ競歩代表の池田向希(21=東洋大)が39分18秒03で連覇した。

 課題としていた後半のペースが上がらず、自己記録から38秒遅れる結果に「4000メートルあたりで思うように動かなくなった。ふがいない。悔しさしかない」と厳しい言葉が並んだ。

 次戦はユニバーシアード(7月、イタリア)での20キロ競歩。「このレースだと世界で戦えない。対策して一からつくり直したい」としつつも「ここで失敗して悔しい思いをしたから頑張れる。プラスに捉えたい」と切り替えた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月25日のニュース