羽生“令和初舞い”いきなり4回転 右足首順調に回復

[ 2019年5月25日 05:30 ]

アイスショー「ファンタジー・オン・アイス」で令和初の舞いを披露、「マスカレイド」を演じる羽生(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で五輪連覇の羽生結弦(24=ANA)が24日、千葉市で始まったアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演した。

 3月24日の世界選手権エキシビション以来61日ぶりの銀盤となり、令和初の舞いを披露。オープニングでいきなり4回転トーループを跳び、大トリとなった出番では「X JAPAN」のToshlの生歌「マスカレイド」に合わせて3回転半ジャンプを決めた。タキシード姿のフィナーレでは、4回転ルッツに2度挑戦したが失敗。最後は「ありがとうございましたー!」と絶叫した。右足首の負傷から順調な回復ぶりを見せた。また、女子の紀平梨花、宮原知子は新ショートプログラム曲を披露した。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月25日のニュース