競泳男子・渡辺 ライバル土俵で引き出し増「想像以上に戦えた」

[ 2019年5月15日 05:30 ]

取材に応じる競泳男子の渡辺一平
Photo By スポニチ

 競泳男子200メートル平泳ぎ世界記録保持者の渡辺一平(22=トヨタ自動車)が14日、チャンピオンズシリーズ第2戦(ブダペスト)から帰国した。

 レースは17年世界選手権金メダルのチェプコフ(ロシア)から0秒38遅れの2位。前半からハイペースで入ることが多い渡辺だが、今回は前半抑えて後半にペースアップするライバル得意の展開に合わせた。7月の世界選手権に向け、引き出しを増やす狙いがあり「想像以上に戦えた。彼(チュプコフ)は“こういうレースプランもあるのか”と驚いていた」と手応えを口にした。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月15日のニュース