八村はキャバリアーズが全体5番目で指名? NBA公式サイトが予想

[ 2019年5月15日 11:52 ]

全体5番目指名と予想されたゴンザガ大の八村(AP)
Photo By スポニチ

 NBA公式サイトはドラフト上位指名順位を決めるロッタリー(抽せん)を前にして、6月20日に行われるドラフト(2巡目まで)での上位5番目までの指名選手を予想。元ウィザーズのスモールフォワードで2011年のファイナルではマーベリクスの一員として優勝に貢献したカロン・バトラー氏(39)と、ウィザーズなどでセンターとしてプレーしたブレンダン・ヘイウッド氏(39)の2人をコメンテーターに招いて予想したもので、上位4人は(1)ザイオン・ウィリアムソン(デューク大)→(2)ジャー・マラント(マーリー州立大)→(3)R・J・バレット(デューク大)→(4)ディアンドレ・ハンター(バージニア大)で同じだった。

 しかし5番目では見解は分かれ、ヘイウッド氏はNCAAトーナメント西部地区決勝でゴンザガ大を下して、ファイナル4まで進出したテキサス工科大のガードのジャレット・カルバー(20)を選んだのに対し、バトラー氏は「我々は彼をカワイ・レナード(ラプターズ)と比べながら話し合っていた」と八村を5番目指名と予想。リーグ屈指のオール・ラウンダーで、現在東地区決勝に駒を進めているラプターズの大黒柱とイメージ的にはヘイウッド氏と一致していることを明らかにした。八村のプレーは映像でも紹介されており、各チームの首脳陣がどう判断するのかが注目されるところだ。

 なおロッタリーの結果、バトラー氏が予想した5番目の指名権を獲得したのは今季19勝63敗と低迷したキャバリアーズ。多くの関連サイトで八村の指名順位はロッタリー・ピック(14番目まで)には入っておらず、15番目以降で20番台の中盤までが多数派。15番目はピストンズで以下マジック→ネッツ→ペイサーズ→スパーズ→セルティクスと続いている。

 <NBAドラフト1巡目指名順位>(1)ペリカンズ(2)グリズリーズ(3)ニックス(4)レイカーズ(5)キャバリアーズ(6)(7)ブルズ(8)ホークス(9)ウィザーズ(10)ホークス(11)ティンバーウルブス(12)ホーネッツ(13)ヒート(14)セルティクス(15)ピストンズ(16)マジック(17)ネッツ(18)ペイサーズ(19)スパーズ(20)セルティクス(21)サンダー(22)セルティクス(23)ジャズ(24)76ers(25)トレイルブレイザーズ(26)キャバリアーズ(27)ネッツ(28)ウォリアーズ(29)スパーズ(30)バックス

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月15日のニュース