エンパイアステート・ビルで恒例の階段駆け上がり競争 男女とも圧巻の好タイム

[ 2019年5月15日 16:35 ]

女子の部で優勝したスージー・ウォルシャムさん(AP)
Photo By AP

 1階から展望台がある86階まで1576段の階段を駆け上がり、そのタイムを競う「第42回エンパイア・ステート・ビルディング・ラン・アップ」が14日に行われ、男子の部(出場129人)ではピオトル・ロボジンスキーさん(32=ポーランド)が10分5秒をマークし、2位に1分以上の差をつけて2年ぶりに優勝した。

 女子の部(出場86人)では第一人者のスージー・ウォルシャムさん(45=オーストラリア)が12分18秒で7年連続10回目の優勝。ウォルシャムさんのタイムは男子選手を併せても、全体で7位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月15日のニュース