ラグビー梶村 ウルフパック最終戦へ「メンバー食い込んでいく」

[ 2019年5月15日 05:30 ]

ウルフパックの練習で、主力組に入りモールのサポートに入る梶村祐介(右から3人目)
Photo By スポニチ

 オーストラリア遠征中のラグビーW杯日本代表候補「ウルフパック」は14日、メルボルン郊外で17日のレベルズB戦に向けて練習を再開した。計6試合の強化試合は今回が最終戦。現在約60人の候補が40人程度に絞り込まれる6月3日の代表発表会見前では、ウルフパックとして最後の試合となる。4戦連続で13番で先発しているCTB梶村祐介(サントリー)は「確定しているメンバーはごくわずか。そこに食い込んでいかないといけない」とアピールを誓った。

 ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチからは12日の試合後に「ディフェンスをもう少ししっかりやってほしい」と指摘されたという。練習でも入念に動きを確認し「ディフェンスでインパクトを残すのがテーマ」と3日後を見据えた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月15日のニュース