貴景勝、新大関へ勝負運UP 地元・生田神社に参拝

[ 2019年4月3日 05:30 ]

大相撲春巡業 ( 2019年4月2日 )

幕内土俵入りで西方の最後で回る新大関・貴景勝(左)貴景勝(奥)
Photo By スポニチ

 大関に昇進した貴景勝は、土俵上で四股などを踏み、ぶつかり稽古では平幕・大栄翔に胸を出した。「体をつくること」を最優先にしているため、相撲を取る稽古はしばらく行わない見通し。「上半身はすぐに戻る。下半身を鍛えていかないと」と基本である四股に時間を割いていく考えだ。

 夕方には地元・兵庫県の一般財団法人の表彰式に参加。式の前には、勝負運の御利益があるとされる神戸市の生田神社を参拝した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年4月3日のニュース