貴景勝 地元・兵庫での巡業に登場 満員御礼の4500人の観衆から熱い応援

[ 2019年4月3日 16:51 ]

ご当所の兵庫県での巡業で、大きな声援を受けながら栃ノ心との取組に向かう貴景勝(左)
Photo By スポニチ

 大相撲の春巡業が3日、兵庫県加古川市であり、同県出身の新大関・貴景勝(22=千賀ノ浦部屋)が大きな歓声で迎えられた。

 平日にも関わらず、満員御礼の4500人の観衆が集まった。同県出身では1980年の初場所後に昇進した増位山(2代目)以来となる新大関は「兵庫での巡業は年に何回もない。応援はありがたいです」と、ご当所巡業の盛況を喜んだ。

 稽古や取組などで花道を通るたびに、ファンからは猛烈なサイン攻め。マジックが腕に触れそうになる場面もあったが、可能な限りファンサービスに応じていた。巡業のハイライトとなる幕内取組では、春場所の千秋楽と同じ栃ノ心と対戦。熱のこもった相撲に、大きな拍手が送られていた。

 稽古は土俵周りでのスクワットなど、基礎運動が中心の段階。貴景勝は自分の体と相談しながら、夏場所へ向け調整を続ける意向だ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年4月3日のニュース