栃ノ心 申し合いで土俵譲らず存在感、三役経験者と13勝5敗

[ 2018年11月6日 05:30 ]

魁聖と相撲をとる栃ノ心(右)
Photo By スポニチ

 大関・栃ノ心(31=春日野部屋)が5日、九州場所(11日初日、福岡国際センター)に向け、福岡市内の所属部屋で三役経験者5人と相撲を取り計13勝5敗と存在感を見せた。「(顔が)明るいでしょ。めんたいこで4キロ太ったよ」と笑顔だった。

 この日、関脇・御嶽海が所属する出羽海部屋との合同稽古に、一門の垣根を越えて小結・魁聖、幕内・宝富士も参戦。幕内・栃煌山と碧山の春日野勢も加わった申し合いで栃ノ心は開始早々、この5人をなぎ倒し8連勝。しばらく土俵を譲らなかった。御嶽海にも計5勝2敗と力を見せつけた。名古屋場所で痛めた右足親指も「全然気にならない」。鶴竜と並ぶ51勝で首位に立つ年間最多勝にも「気にしないけど、取れたらいいね」と目を輝かせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月6日のニュース