山県、今冬はIMGアカデミーで合宿 錦織との対面熱望「プロ意識学びたい」

[ 2018年11月6日 18:44 ]

スポーツや音楽の発展に取り組む人材に贈られる賞の授賞式に出席した山県亮太
Photo By 共同

 陸上の山県亮太(26=セイコー)が来年2月下旬から約1カ月の日程で米フロリダ合宿を張ることを明かした。6日に都内で開催された世界に挑む若手アスリートらを表彰する「第1回服部真二賞」の授賞式に出席。競泳の酒井夏海(17)らとともに受賞者となり、今冬の強化プランに言及した。

 「今年はフロリダに行こうと思っています。最近はオーストラリアに行っていたが、心機一転。環境は相当良いと思うので、しっかりチャレンジしてきたい。世界で活躍するヒントがあるかもしれないので、この目で見てきたいと思います」

 テニスの錦織やゴルフの松山らが練習拠点を置くIMGアカデミーに滞在し、走りの技術やウオーミングアップ方法などを学ぶ。同施設では脳科学や動体視力の研究などにも取り組んでおり、競技に役立つことは積極的に取り込む方針だ。

 最近2年間は同時期にオーストラリアで練習していたが、更なる進化に向けて新たなチャレンジを決断。12月にも視察を兼ねて10日間程度、滞在予定で「目標の9秒8に少しでも近づくための選択。錦織選手にお会いできる可能性もあるので、本物のプロ意識を学びたい。1年1年進化しないといけない」と意欲を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月6日のニュース