白井「採点の厳しさ」再確認 器具対応に四苦八苦もメダル確保

[ 2018年11月6日 05:30 ]

体操世界選手権から帰国

会見する白井(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 器具への対応に四苦八苦した白井だったが、団体に加えて床運動で銀、跳馬で銅を確保して「今は凄く安心感を覚えている」と振り返った。萱、谷川航と同い年の3人で代表入り。「大会後に一緒に写真を撮った。チームで回れてよかった」と同期の存在も励みにした。

 内村が言及した採点については「航平さんと同じように、採点の厳しさは頭に入れてこられた。来年は自分で考え直した体操を披露したい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月6日のニュース