平昌パラスノボ金 緑夢、東京パラでは走り高跳び挑戦を表明

[ 2018年11月6日 05:30 ]

平昌パラリンピック・スノーボード金メダリストの成田緑夢
Photo By スポニチ

 平昌パラリンピックのスノーボード男子バンクドスラローム下肢障がいで金メダルを獲得した成田緑夢(近畿医療専門学校)が5日までに、20年東京パラリンピックに陸上の走り高跳びで挑戦するとツイッターで表明した。

 24歳の成田は平昌後にスノーボードからの引退を宣言。東京大会にどの競技で挑むか試行錯誤していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「紀平梨花」特集記事

2018年11月6日のニュース