タイタンズ4試合ぶり白星 QBマリオータがパスとランで計3TD奪取

[ 2018年11月6日 14:06 ]

パスとランで3つのTDをマークしたタイタンズのマリオータ(AP)
Photo By AP

 NFLは5日、テキサス州アーリントンで第9週の残り1試合を行い、タイタンズが地元のカウボーイズを28―14(前半14―14)で下して4勝4敗。連敗を3でくい止めた。

 4季目のQBマーカス・マリオータ(25)は29回中21回のパスを通して240ヤードと2TDを獲得。第4Qの11分22秒には残り9ヤードを突破し、ランでもTDをマークして勝利に貢献した。

 カウボーイズは3勝5敗。第1Qの8分48秒、トレードでレイダースから獲得したばかりのWRアマリ・クーパー(24)のTDレシーブ(4ヤード)で先制したが後半は無得点に終わった。

 2015年のドラフト全体4番目に指名されたクーパーは結局、5回のレシーブで獲得したのは58ヤード。ドラフト1巡目の指名権を放出しての大物獲得だったが、新天地初戦では勝利にはつながらなかった。

 なおタイタンズは第10週(11日)にペイトリオッツ(7勝2敗)と、ここ4戦で3敗目を喫したカウボーイズは昨季王者のイーグルス(4勝4敗)と顔を合わせる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月6日のニュース