ロシア選手 平昌は個人資格で参加 ROC選手委、満場一致で決定

[ 2017年12月12日 05:30 ]

 ロシア・オリンピック委員会(ROC)の内部組織で五輪メダリストらで構成される選手委員会は11日、モスクワで会合を開き、来年2月の平昌冬季五輪へのロシア選手の個人資格での参加を支持すると満場一致で決めた。タス通信などが報じた。

 平昌五輪参加の是非は12日のROC総会で最終決定されるが選手委の決定は参加を後押しした形。選手委は、五輪での国旗や国歌の使用禁止やドーピング違反によりロシア選手を五輪永久追放とした処分の見直しをIOCのバッハ会長に要請する準備作業も行った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月12日のニュース