八角理事長 日馬送検受けコメント「検察に全面協力」

[ 2017年12月12日 05:30 ]

元横綱・日馬富士送検 ( 2017年12月11日 )

国技館を後にする八角理事長
Photo By スポニチ

 日本相撲協会の八角理事長は、元横綱の書類送検を受けて「厳粛に受け止めます。検察に厳正な捜査、処分を行っていただけますよう全面的に協力するとともに、再発防止策の確立に全力で取り組みます」とのコメントを発表した。

 また、21日には力士、親方ら全協会員を対象に、暴行問題の再発防止に関する研修会を東京・両国国技館で開くことを明かした。相撲協会は過去にも同様の研修会を行っている。八角理事長は「(研修会は)毎年やっているが、同じことかもしれないが繰り返してやらないといけない。改めてそう思っている」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月12日のニュース