ロケッツが10連勝 ウォリアーズは7連勝 ラプターズの連勝は6で止まる

[ 2017年12月12日 16:21 ]

10連勝に貢献したロケッツのハーデン(AP)
Photo By AP

 NBAは11日に各地で6試合を行い、リーグ全体で首位に立っているロケッツは地元ヒューストンでペリカンズを130―123(前半78―76)で下して21勝4敗。ジェームズ・ハーデン(28歳)が26得点、17アシスト、6スティールをマークし、チームの10連勝に貢献した。

 ペリカンズは14勝14敗。ガードのジュルー・ホリデー(27歳)が今季自己最多の37得点を挙げたが、最後に競り負けた。

 ロケッツを0・5ゲーム差で追うウォリアーズも地元オークランドでトレイルブレイザーズに111―104(前半60―47)で勝って22勝6敗。ステフィン・カリー(29歳)、ドレイモンド・グリーン(27歳)、ザザ・パチューリア(33歳)の主力3人が故障で欠場しているが、ケビン・デュラント(29歳)が28得点、9リバウンド、5アシスト、3ブロックショットと奮闘して8連勝を飾った。

 トレイルレブレイザーズは5連敗を喫して13勝13敗。ダミアン・リラード(27歳)が今季自己最多の39得点を稼いだが、勝機は築けなかった。

 ラプターズは敵地ロサンゼルスでクリッパーズに91―96(前半53ー51)で敗れて17勝8敗。連勝は6で止まり、東地区全体ではキャバリアーズ(19勝8敗)に抜かれて2位から3位に順位を下げた。

 クリッパーズは10勝15敗。ベンチスコアで50―17と圧倒して、4連敗のあと白星を2つ並べた。

 <その他の結果>

ヒート(13勝13敗)107―82グリズリーズ(8勝19敗)、ブルズ(6勝20敗)108―85セルティクス(23勝6敗)、ホーネッツ(10勝16敗)116―103サンダー(12勝14敗)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月12日のニュース