白鵬に「必ず殺す」 名指しで脅迫文 差出人に男の名

[ 2017年12月12日 12:40 ]

冬巡業に参加している白鵬
Photo By スポニチ

 北九州市で11日に開かれた大相撲の冬巡業の会場に、横綱白鵬を名指しして「必ず殺す」などと脅迫する封書が届いていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。11日の日中に届き、福岡県警が警戒に当たったが、不審な人物は確認されなかった。県警は脅迫容疑などで捜査している。

 捜査関係者によると、封書は、北九州市立総合体育館(八幡東区)に郵送で届き、「白鵬を必ず殺す」などと記載されていた。差出人として偽名とみられる男の名前が書かれていたほか、「福岡市天神町」といった不正確な地名が記載されていた。

 県警は封書の指紋を調べるなどして差出人の特定を進める。

 白鵬は、元横綱日馬富士が平幕貴ノ岩に暴行し、負傷させたとして書類送検された事件で、当時現場となった鳥取市内のラウンジにいた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月12日のニュース