倒れたトップランナーを介助 17歳の少女の決断に称賛の声

[ 2017年12月12日 11:17 ]

ゴール手前でセルフさんを助けた17歳のルターマンさん(AP)
Photo By AP

 10日に行われたダラス・マラソン(米テキサス州)の女子リレーの部(5人)に出場した地元ダラスの高校生、アリアナ・ルターマンさんの“最後の決断”が注目を集めている。

 リレーのアンカーだった彼女は残り3キロ付近でフルマラソンの部で先頭を走っていたチャンドラー・セルフさんをとらえて併走したが、脱水症状を引き起こしていたセルフさんはゴール手前100メートルあたりで転倒。しかしルターマンさんはセルフさんに手を貸して立たせ、その後何度も倒れかかった“トップランナー”を抱きかかえるようにしてフィニッシュ・ラインを通過させた。

 ニューヨーク在住の精神科医でもあるセルフさんは2時間53分58秒で優勝。AP通信によればセルフさんの家族は「彼女(ルターマンさん)こそ勝者に値する」と17歳の少女の行為を称賛し、ソーシャルネットワークでは「大きな心の持ち主によるドラマティックなフィニッシュ」として瞬く間に世界に広まっていった。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月12日のニュース