白鵬、豪栄道との1敗対決制し単独トップ 稀勢の里は2敗後退

[ 2016年3月24日 17:43 ]

<大相撲春場所12日目>豪栄道(左)を押し出し、1敗を守った白鵬

大相撲春場所12日目

(3月24日 エディオンアリーナ大阪)
 大相撲春場所12日目は24日、エディオンアリーナ大阪で行われ、4場所ぶり36回目の優勝を狙う横綱・白鵬が大関・豪栄道を押し出しで下し1敗対決を制した。

 悲願の初優勝を狙う1敗の大関・稀勢の里は横綱・日馬富士に叩き込みで敗れ2敗に後退。白鵬が今場所初の単独トップに立った。稀勢の里と豪栄道、2敗を守った平幕・妙義龍が追うかたちになった。

 結びの一番で大関・照ノ富士は横綱・鶴竜を上手投げで破り勝ち越し。カド番を脱出した。鶴竜は4敗で優勝争いから脱落。

 綱獲りが消滅した大関・琴奨菊は安美錦を寄り切り勝ち越しを決めた。2敗の平幕・妙義龍は阿夢露を押し出しで倒し2敗をキープ、10勝に白星を乗せた。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年3月24日のニュース