豪栄道、日馬撃破!大関昇進後初2桁勝利 白鵬戦へ「集中したい」

[ 2016年3月24日 05:30 ]

1敗を守り、支度部屋で水を飲む豪栄道

大相撲春場所11日目

(3月23日 エディオンアリーナ大阪)
 地元の大声援を浴びる大阪出身の豪栄道が日馬富士を撃破し、大関昇進後初めての2桁勝利だ。立ち合いは左で張って右差し、一気に土俵際へ追い詰めた。しゃがみ込むような体勢の横綱にもろ差しを許して一転ピンチとなったが、とっさの首投げで仕留めた。「最後はまあ何とか。(押し込んだ場面で横綱が土俵から)出たのかなと思った。足腰が強い。でも勝てればいい」。冷や汗をかく場面を抜群の反応でしのいで1敗を死守。優勝争いでトップに並んだ。

 結びの白鵬の圧勝は勝ち残りの土俵下で見届けた。「どんな立ち合いでいくのかと思ってたけど、厳しい」。12日目は白鵬との1敗対決。「あれこれ考えずに集中したい」と口元を引き締め、早くも闘志を燃やしていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年3月24日のニュース