羽生 都内イベントで常勝宣言「常にトップを目指していければ」

[ 2015年8月28日 05:30 ]

「ロッテ ガーナチョコびらきセレモニー 2015」に出席した羽生結弦

 フィギュアスケート男子の14年ソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ゆづる、20=ANA)が都内でイベントに参加した。新シーズンのショートプログラム(SP)は昨季と同じ「バラード第1番」、フリーは映画「陰陽師」の曲を使った「SEIMEI」で安倍晴明を演じる。SP、フリーともに演技後半に4回転ジャンプに挑む高難度のプログラムだ。

 「フリーは日本的な曲を使う。SPは昨季と同じなんで、さらに表現を強化しないと。表現には技術の裏付けが必要。ジャンプも成長していきたい」。初戦は10月13日開幕のオータム・クラシック(カナダ・バリー)の予定。「さらに強くなっていくことが目標。一つ一つの試合で常にトップを目指していければいい」。集大成となる18年平昌五輪を見据え着実に進化を遂げる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月28日のニュース