錦織先輩に続け!西岡良仁、全米オープン本戦進出に王手

[ 2015年8月28日 06:55 ]

 全米オープン予選が27日に米ニューヨークで行われ、男子シングルス2回戦で西岡良仁(19=ヨネックス)が米国選手を6―2、2―6、6―2で下し、2年連続本戦進出に王手を懸けた。

 「フォーーーカーーース!!!!!」

 最終セット、第5ゲームで雄叫びを上げた。ブレークバックを許した直後のゲームで先にポイントを奪われ「イライラしてたんで、発散した」。

 審判の判断にいらだちを隠せず第2セットを落とした。自らを鼓舞し、そこから4ゲームを連取。最後はフォアハンドのウィナーで試合を決めた。「単発的なミスが増えた」と反省し「あすはミス待ちでは勝てない」と気合を入れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月28日のニュース