錦織圭が会場練習 30分の“特打ち”でフォアハンド確認

[ 2015年8月28日 05:57 ]

 31日に開幕するテニスの4大大会最終戦、全米オープンに向け、第4シードの錦織圭(25=日清食品)が27日、会場のニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで初めて練習を行った。

 
 午前と午後に1時間半ほどずつ、コーチのマイケル・チャン氏らが見守る中で精力的に体を動かした。試合形式の練習を行った後、約30分の“特打ち”でフォアハンドを確認。最後にはバックステップなどのフットワーク練習も見せた。前哨戦だった米シンシナティでの大会を左臀部の痛みで欠場した影響はほとんど感じられず、試合形式の練習では鋭いショットを連発した。

 1回戦は世界ランキング41位のブノワ・ペア(26=フランス)と対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月28日のニュース