さくら 2カ月ぶりのアンダー発進に好感触「いい形で終われた」

[ 2015年8月28日 11:25 ]

 米女子ゴルフのヨコハマタイヤ・クラシックは27日、アラバマ州プラットビルのRTJトレール・キャピトルヒル(パー72)で第1ラウンドが行われ、横峯さくらが4バーディー、3ボギーの71で回り26位だった。

 横峯は最終9番で2メートルのバーディーパットを決めて71で終えた。第1ラウンドをアンダーパーで回るのは6月下旬のアーカンソー選手権以来、約2カ月ぶりで「いい形で終われた。まずまずのスタートだったと思う」と好感触を口にした。

 前半の13番、後半の7番(ともにパー3)で10メートル以上のパットを沈めてバーディーを奪った。第2ラウンド以降でさらに上位を狙うが「ロングパットの距離感が合ってくれて良かった。ショットも悪くなかった」と気を良くしていた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月28日のニュース