小平 交際中・古閑一家の声援後押し2打差6位スタート

[ 2015年8月28日 05:30 ]

交際中の古閑美保(左)と小平智

男子ゴルフツアーRIZAP・KBCオーガスタ第1日

(8月27日 福岡県糸島市・芥屋ゴルフ倶楽部=7151ヤード、パー72)
 熱烈な応援を受け、ツアー2勝の小平が首位に2打差の6位と好スタートを切った。

 「キックがよく左に跳ねてくれた。運がよかった」と13番パー5では残り240ヤードの第2打を3Iでピン左1メートルにピタリと寄せ、難なくイーグルを奪ったほか4バーディー(2ボギー)も決めた。ツアー唯一の高麗グリーン対策に今週はパターをピン型からヘッドがかまぼこ形のマレット型に変えた。「強い芝目に負けずにカップに届いてくれる」と狙い通り4、5メートルのパットをことごとく沈めた。

 この日は交際中の古閑美保が両親の宏二郎さん、裕子さんまで伴って応援に駆けつけ18ホールを見守った。その後押しにも支えられた25歳は「ここからが勝負。後半戦に2、3勝して賞金王を目指すつもりで戦う」と意欲をかき立てた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月28日のニュース