エディージャパン国内最終戦 田中ら加わり最強23人

[ 2015年8月28日 05:30 ]

 “史上最強メンバー”でエディージャパンが国内最終戦に臨む。日本ラグビー協会は、29日にリポビタンDチャレンジカップ2015(秩父宮)でウルグアイと対戦する日本代表の登録メンバー23人を発表。

 22日の同戦(レベスタ)からは先発8人が変更となり、SH田中(パナソニック)、WTB福岡(筑波大)らが加わった。W杯後の退任が決定済みのエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチは「国内で(W杯前)最後の試合となる。今季最強のメンバーを選出したと思っている」とコメント。実際に先発15人の総キャップは548で過去最多を更新。日本のファンに白星を贈り、決戦の地に乗り込む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月28日のニュース