スピース 記録ずくめの初制覇

[ 2015年4月13日 10:27 ]

初優勝を果たし、昨年優勝のバッバ・ワトソン(右)にグリーンジャケットを着せてもらうジョーダン・スピース
Photo By スポニチ

マスターズ・トーナメント最終日

(4月12日 オーガスタ・ナショナルGC=7435ヤード、パー72)
 スピースの初制覇は、1997年にウッズが記録した大会史上最少スコアに並んだ他、記録ずくめとなった。

 初日からトップを守る完全優勝は、60年のアーノルド・パーマーや72年のジャック・ニクラウス(ともに米国)らに続く史上5人目の偉業。4日間でのバーディー数28は、2001年にミケルソンがマークした25を更新し、一時的にでも19アンダーに達した初の選手にもなった。

 スピースは2位だった初出場の昨年からオーバーパーのラウンドがなく、マスターズのデビューから8ラウンド連続でイーブンパーよりいいスコアで回ったのも前例がなかった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年4月13日のニュース