率先して練習…吉田沙保里「状態はいい」 代表熊本合宿

[ 2015年4月13日 18:04 ]

 レスリングの女子日本代表が13日、熊本市で合宿を公開し、五輪4連覇を目指す53キロ級の吉田沙保里(ALSOK)や世界選手権48キロ級女王の登坂絵莉(至学館大)らがスパーリングや補強運動に精力的に取り組んだ。

 吉田は首から背中に広がる左僧帽筋に張りを抱えるが「全力でやらなければ進化はない」と率先して練習をこなした。9月の世界選手権(米国)代表選考を兼ねた6月の全日本選抜選手権に照準を合わせ「状態はいい。一つ一つの大会をクリアしていく」と気持ちを引き締めた。

 登坂は痛めていた左肘が順調に回復し、通常のメニューをこなした。世界3連覇を目標に「挑戦者として強気でやっていく」と意気込んだ。

 58キロ級の伊調馨(ALSOK)は右膝のけがで参加していない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年4月13日のニュース