川内 17年ロンドン世界選手権で「メダル獲って代表サヨウナラ」

[ 2015年4月13日 05:30 ]

表彰式のプレゼンターを務めた川内は、17年ロンドン世界選手権を最後に代表を引退する意向を示した

 公務員ランナーが、世界最速男とともに夢舞台から去る。男子マラソンの川内優輝(28=埼玉県庁)が12日、17年ロンドン世界選手権を最後に日本代表から“引退”する意向を明かした。

 「ロンドンの世界選手権でメダルを獲って、代表からは本当にサヨウナラですね」。19年の世界選手権がドーハ、20年五輪が東京開催と暑さが苦手な川内にとっては厳しい条件のためロンドンで第一線から退くことを決意した。

 「ロンドンは(12年の)五輪も逃しているし、いろいろと思い入れがある」。男子100&200メートルの世界記録保持者のウサイン・ボルト(28=ジャマイカ)も、同選手権を最後に現役を引退する意向を示している。川内はこの日、埼玉県内で行われた「本庄早稲田の杜クロスカントリー&ハーフマラソン」のハーフの部にゲストランナーとして出場。1時間7分47秒のトップでゴールした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年4月13日のニュース