トップリーグNECに豪州代表ヒッギンボッサム新加入

[ 2015年4月13日 17:51 ]

 ラグビー・トップリーグのNECは13日、オーストラリア代表23キャップの名手、No.8スコット・ヒッギンボッサム(28)が新加入することを発表した。ヒッギンボッサムは11年ワールドカップに出場。豊富な運動量で、スーパーラグビーのレベルズ(オーストラリア)でも活躍している。ロックのニック・ロス、釜石シーウェイブスから移籍するCTBサム・ノートンナイトも加わる。

 また、大卒新人選手も発表。筑波大WTB竹中祥、同大WTB宮島裕之、山梨学院大フランカー大石力也、流通経大SH木村友憲の4人が加入する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年4月13日のニュース