オーガスタに“エリート系”新王者誕生 スピース「人生最良の日」

[ 2015年4月13日 13:59 ]

マスターズを初制覇!恋人と熱い口づけを交わすスピース(AP)

マスターズ・トーナメント最終日

(4月12日 オーガスタ・ナショナルGC=7435ヤード、パー72)
 通算18アンダーは97年のウッズに並ぶ最少スコアで、4日間単独首位をキープしたまま優勝したのは76年のフロイド以来、史上5人目。「最高の気分。人生最良の日だ」とスピースは記録づくめのメジャー初制覇に喜びを爆発させた。昨年は2位だったものの今年は歴代2位の年少記録となる21歳8カ月で優勝。「マスターズの歴史に自分の名前が刻まれることの意味の大きさを、今はうまく表現できないんだ」と笑顔を振りまいた。

 父ショーンさんはMBA(経営学修士)を取得しているビジネスマンだが、リーハイ大時代は野球の選手。母クリスさんもモラビアン・カレッジ(ともにペンシルベニア州)のバスケットボールの選手だった。文武両道の資質は子どもたちにも受け継がれ、ジョーダンの弟スティーブンはアイビーリーグに所属するブラウン大バスケットボールチームの一員。2年生の今季は平均9・9得点を挙げ、昨年11月24日の強豪イリノイ大戦では21得点を挙げて注目を集めた。兄より身長が13センチ高い1メートル98の大型ガードですでにNBA各スカウトの“レーダー網”にとらえられている逸材。兄同様に全米を沸かせる日が来るかもしれない。

 ちなみにジョーダンがホールアウト後に熱い口づけを交わしたアニー・ベレットさんは高校時代から交際している恋人でテキサス工科大在籍時に学業成績が満点だった才媛。史上希に見る“エリート系”に囲まれた新王者がこの日オーガスタに誕生した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年4月13日のニュース