ミケルソン 67で5差3位、諦めない「最終日もスタート大事」

[ 2015年4月13日 05:30 ]

マスターズ・トーナメント第3日

(4月11日 米ジョージア州オーガスタ オーガスタ・ナショナルGC=7435ヤード、パー72)
 ミケルソンは2番から3連続バーディーを奪うなど、前半で順調にスコアを伸ばした。16番は12メートルのバーディーパットをねじ込んでパトロンを沸かせたが、17番でティーショットを右に曲げてボギーとし「あれが痛かった」と悔しがった。

 それでも、首位と5打差の3位に、44歳のベテランは「まだ何が起こるか分からない。最終日もスタートが大事」と4着目のグリーンジャケット獲得へ意欲を見せた。

 ▼2位ジャスティン・ローズ 終盤は良い流れに乗れた。最終日は重圧の中で積極的に攻めていく。(13年全米オープン覇者)

 ▼25位バッバ・ワトソン 残念ながら僕の連覇はなくなった。最終日は次のメジャーに向けての準備、あるいは来年のマスターズを考えて戦う。(マスターズ2勝。73と伸ばせず)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年4月13日のニュース