パリ、24年五輪に立候補へ 招致成功すれば1世紀ぶり

[ 2015年4月13日 21:29 ]

 パリ市議会は13日、2024年夏季五輪招致に立候補する方針を賛成多数で決定した。フランス公共ラジオによると、パリ市は1992年、2008年、12年と近年は招致失敗が続いているが、実現すれば1924年以来1世紀ぶりとなる。

 6月にもフランス・オリンピック委員会と連名で正式に立候補を表明する。24年夏季五輪の開催地は17年に決定する予定。すでにボストン(米国)ハンブルク(ドイツ)ローマ(イタリア)が立候補の意向を示している。

 今月行われた世論調査ではフランス人の61%が開催に賛成している。一方でパリ市民の間では財政負担に対する懸念も高く、住民投票を実施すべきだとの声も出ている。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年4月13日のニュース