璃花子 19年ぶり中学生V、東京五輪の星「回転が早かった」

[ 2015年4月13日 05:30 ]

女子50メートルバタフライで19年ぶりに中学生での優勝を飾った池江はインタビューにこたえる

競泳日本選手権最終日

(4月12日 東京辰巳国際水泳場)
 女子50メートルバタフライで池江が96年の女子100メートルバタフライを制した青山綾里以来、中学生としては19年ぶりの優勝を飾った。

 「飛び込んだ瞬間から優勝したくて泳いだ結果。いつもより回転が早かった」とアドレナリン全開でスプリントレースを制した。この種目では派遣標準記録に届かなかったものの、女子800メートルリレーでは世界選手権代表入りが内定済み。今大会では4種目、計7度も中学新記録を更新するなど、新ヒロインの名にふさわしい活躍だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年4月13日のニュース