フィギュア団体 試合会場は空席目立つ

[ 2014年2月7日 00:49 ]

ソチ五輪フィギュアスケート団体

(2月6日)
 五輪で初めて採用された団体は男子SPが始まったが、1万2000人を収容できる試合会場のアイスベルク(氷山)・パレスでは空席が多く、皮肉にも青と白で氷山をイメージした会場の色彩が目立った。

 日本では屈指の人気を誇る競技。会場では日の丸を振って応援するファンの姿も見られたが、客足の伸びはいまひとつのようだ。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月7日のニュース