愛子 過去4度五輪は4大会連続入賞も「一段一段」

[ 2014年2月7日 05:30 ]

バンクーバー五輪で4位となり、目を潤ませながらも笑顔を見せる上村(10年2月撮影)

ソチ五輪 フリースタイルスキー 女子モーグル予選1回目

(2月6日 ロザフータル公園)
 【上村愛子の五輪】

 ☆98年長野五輪 長野・白馬高3年時、18歳で初出場して7位入賞。決勝では第1エアで「バックスクラッチャー・コザック」を成功するなど完璧な滑りを見せた。「思い切り滑った。今季最高の滑り」と本人も驚きの五輪デビューだった。

 ☆02年ソルトレークシティー五輪 6位入賞。決勝は第1エア付近でターンが乱れ「アイアン・クロス・ツイスター・スプレッド」を決めた第2エア着地も乱れた。だが里谷の銅メダルが決まると目に涙を浮かべ「悔し涙じゃなく、うれし涙。悔いはゼロ」と訴えた。

 ☆06年トリノ五輪 5位入賞。決勝は第2エアで女子では珍しい高難度の3Dエア「コークスクリュー720」を決めたが、タイムが遅かったことが響き「遠いですね、メダルは」と悔し涙を流した。五輪1カ月前に左膝を故障。痛みをこらえての滑りだった。

 ☆10年バンクーバー五輪 前年の世界選手権覇者として臨むも、メダルに一歩及ばず4位。雨で重くなった雪に苦しんで得意のターンで優位に立てず、日本女子初の4大会連続入賞にも「なんでこんなに一段一段なんだろう」と悔し泣きした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月7日のニュース