伊藤みき リタイア 予選2回目出場せず 右膝負傷悪化

[ 2014年2月7日 16:14 ]

トレーナーに抱えられ、涙を浮かべながら会場を去る伊藤みき

 ソチ五輪のフリースタイルスキー女子モーグルで、右膝のケガを悪化させた伊藤みき(26=北野建設)が8日の予選2回目の出場を取りやめた。日本オリンピック委員会(JOC)が7日発表。本番を滑ることなく、伊藤の五輪は幕を閉じた。

 伊藤は予選1回目直前の練習で、第2エアの着地の際に右足をひねり、関係者に担がれてコース外に。出場を訴えたが、フリースタイルスキーの林辰男監督に説得され棄権。救急車で搬送され、選手村の病院で診察を受けていた。予選2回目に出場する権利を持っていたが、JOCは「本人の意向を踏まえて総合的に判断した」と説明した。

 5大会連続出場で初のメダル獲得を狙う上村愛子(34=北野建設)は7位で決勝進出を決めている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月7日のニュース