メダル候補の米国 アボットが悪夢の7位「何が起きたのか…」

[ 2014年2月7日 06:23 ]

ソチ五輪フィギュアスケート団体

 メダル候補の米国は、1月の国内選手権覇者が期待を裏切った。男子のジェレミー・アボットが、自己ベストに20点以上及ばない65・65点で7位に沈んだ。

 冒頭の4回転ジャンプで転倒し、後半の3回転半も1回転半となる散々な内容に、演技後は頭を抱えた。「何が起きたのか、僕にも正確に言えない。とても悪かった」。ペアのSPを終え、チームも7位と苦しいスタートになった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月7日のニュース